老け顔の原因!「目のクマ」ケア3つ

鏡をふとみたときに「あれ、なんか目のクマが出てて嫌だな〜」なんてことありませんか??

目の周りにはたくさんの血管が集まっていますが、特に顔の皮膚の中でもまぶたはとても薄く、ティッシュ一枚分ほどの薄さなのでとってもデリケートな部分。

そんな悩めるクマは大きく分けて3種類あるのですが、青クマ、黒クマ、茶クマと3種類。
自分のクマのタイプをしっかり見極めて、合ったケアをすることがポイントとなります。

■青クマ
下まぶたを下にひっぱると薄くなります。生まれつき皮膚が薄くて色白の方に多いのですが、目の疲れや冷えから血液がよどむと透けてみえてしまいます。
運動をしたり、顔のマッサージをして血行をよくしましょう。
体を冷やさないように冷たい食べ物を避けたり、日頃から寝不足にならないようにするのもポイントです。

■黒クマ
上を向くとクマ薄くなります。下まぶたの皮膚が加齢で薄くなるうえに、コラーゲンが減って皮膚がたるんでしまうことが原因です。
その影が黒くみえてしまうのです。
目元や頬にかけて顔のマッサージをしてたるみをケアしましょう。
レチノール配合のアイクリームなどを使うのも良いです。

■茶クマ
下まぶたをひっぱっても上を向いても変わらない方は、小さなシミや色素沈着により茶色くみえてします。
目を強くこすったり、アイメイクが濃くてきちんとメイクが落ちていない方も要注意です。
角質が厚くなってしまったり、メラニン色素が原因なので、美白と同じケアが必要となります。
夏だけではなく通年とおして美白ケアを行いましょう。


このようにクマには、体質や加齢による原因もありますが日頃の間違ったケア方法だったり、むくみやたるみからくることもあるのです。

せっかくメイクを完璧にしてもクマがあるとどうしても疲れてみえちゃいますからね。
鏡を見て自分のクマのタイプを、今一度確認しきちんとケアしましょう。




posted by サキ at 23:37 | Comment(0) | お悩み別 くま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。