アクセーヌのミルキィ クレンズアップ/リセット ウォッシュ


ミルキィ クレンズアップ
リセット ウォッシュ
ポチカム参加中


最近ずっと雨が降っていて気分が沈んじゃう今日この頃です・・・バッド(下向き矢印)

来週ディズニーランドに行くのに、心配だなぁダッシュ(走り出すさま)
てるてる坊主でも作ろうかな・・・って感じですあせあせ(飛び散る汗)

レアなレインコートミッキーに出会えたらいいな黒ハート



images.jpg



今日は夏の紫外線によるお肌の乾燥や角質を洗顔とクレンジングで見直す、
アクセーヌのミルキィ クレンズアップ/リセット ウォッシュを紹介しますね目黒ハート



IMG_4106.jpg



今回はモニターなので、トライアルサイズですかわいいぴかぴか(新しい)

続きを読む


posted by サキ at 22:57 | Comment(0) | 美容法 クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分に合ったクレンジング選びのポイントは??

毎日化粧水を塗って乳液を塗って、ときにはパックや美容液も使っているのに
なかなか肌がキレイにならないという方、クレンジングに問題があるかもしれません!
今回は、間違ったクレンジング選びの5つの特徴と、自分に合ったクレンジングの見つけ方のヒントをお伝えします。

しっかり落としたいからってオイルかジェルを選んでいませんか?
肌がみずから行うことができない“汚れを落とす”というステップ。
でも、汚れをしっかり落とそうとするばかりに、必要なうるおいを落としてしまうクレンジングが多いのが現実です。
とくにオイルクレンジングやジェルクレンジングは界面活性剤が多く含まれるので、
するっと落とせて肌に負担が掛からないように思えますが、肌に必要なうるおいや皮脂も落としてしまいます。
すると、乾燥が進んだり、エイジングサインが増えたり、刺激を感じることも!
メイクをしっかり落とすことも大切ですが、脱脂力が強すぎないミルクタイプがクリームタイプがおすすめです。

とにかく“うるおいを残す”タイプを選ぶこと
「うるおいを残さないと!」という意識から、とにかくうるおいを残すタイプを選ぼうとするのも危険です。
メイクをバッチリしっかりしているのに、オーガニックコスメのクレンジングやメイクを落とす力が弱いものを使ってしまえば、余計に肌トラブルのもとになってしまいます。
もっとも肌への負担が少ないミルククレンジングを選ぶのであれば、メイクも薄くすることが大事です。
また、メーカーによって同じタイプのクレンジングでも、メイクを落とす力に違いがあります。
同様に、ファンデーションなどのメイク品も、メーカーによって落ちやすいものとそうでないものがあります。
店頭で自分のファンデーションとの相性はどうなのか試したり、サンプルをもらうなどしてメイクの落ち具合を実験してみましょう。

メイクも落とせる洗顔料を使っている
コスパのよいメイクも落とせる洗顔料や石鹸もありますが、こちらもメイクとの相性によっては完全に落ちないことがあります。
メイクも落とせる洗顔料や石鹸を使う場合は、やはり自分で実験してみるか、“石鹸で落ちるファンデーション”などと明記されているかをチェックしてみましょう。

ポイントメイク用は使用しないこと
肌に負担をかけないようにやさしいクレンジングを選んだ場合、しっかりつけたマスカラや落ちにくい口紅がなかなか落ちにくいことがあります。
そのような場合、ムリしてやさしいクレンジングを使うと、こすりすぎたり刺激を与えてしまうことに。
落としやすいナチュラルコスメのマスカラや口紅に変えるか、ウォータープルーフのものを使ったりしっかり重ね付けしたい場合は、専用のポイントメイク落としを使うのがベターです。

拭き取りタイプを毎日使っていませんか?
拭き取りタイプは手軽にメイクを落とせるので便利ですが、その便利さの分肌に刺激を与えてしまっているのです!
シートでスルッと落とせる分、強い洗浄成分が含まれているのに加え、拭き取るときの摩擦によって肌にダメージを与えます。一度ストックしてしまうと、ついつい使いがちになるので、トラベルのとき以外は買わないほうがよいでしょう。

クレンジングは、スキンケアでもっとも重要なステップ。いつも使うファンデーションなどのメイクとの相性が重要なポイントです。

うるおいを取り除きすぎて乾燥しないか、メイク残りがないか、しっかり試してから購入するようにしましょう!
posted by サキ at 16:12 | Comment(0) | 美容法 クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。